×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

犬の椎間板ヘルニアは激しい運動や老化によるものが多いといわれています。

犬のヘルニア予防には、加齢とともに激しい運動は控え、室内もできるだけフローリングを避けてカーペットを敷き、関節への負担を少なくしてあげましょう。

 

背中を触ると痛がったり、肢をひきずるような仕草をみつけたら、すぐに獣医さんにも相談するようにしましょう。ミニチュア・ダックスフンドは中でも腰痛になりやすい犬種だといわれているため加齢とともに飼い主様の配慮も必要です。

犬の椎間板ヘルニア

犬の椎間板ヘルニア

 

犬の椎間板ヘルニアの症状

 

神経麻痺や痛み、足を引きずるなど。ミニチュア・ダックスに多い

 

 

椎間板ヘルニアが発生すると、神経麻痺や痛みによって、背骨を触ると痛がる、足を引きずる、ふらつく、段差の昇り降りを嫌がる、起立困難、元気がなくなるなどの症状が現れ、放っておくと、半身不随になる恐れがあります。犬種では、ミニチュア・ダックスフンドがとくに椎間板ヘルニアになりやすく、そのほかにビーグル、シーズー、トイ・プードル、ペキニーズ、パグなどにもよく見られます。また、椎間板ヘルニアとよく似た症状がみられる場合には、骨関節炎(変形性関節症)やリウマチ性関節炎(関節リューマチ)、股関節形成不全(股関節形成異常)、膝蓋骨脱臼、前十字靭帯断裂といった、椎間板ヘルニアとは別の骨や関節の病気の可能性も考えられます。自分で判断せずに動物病院で診てもらうようにしましょう。

 

愛犬が椎間板ヘルニアにならないように普段の日々の食事に配慮

犬の足腰や関節のことを研究し続けて生まれた、人間以上にこだわり抜かれた究極の犬専用プレミアムサプリメント。愛犬が椎間板ヘルニアになる前から事前の予防をお考えの方は是非ワンランク上の最高級犬専用サプリメントを。

▼飼っているペット

 



(c)犬の椎間板ヘルニア

犬の椎間板ヘルニア