×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

犬の椎間板ヘルニアは激しい運動や老化によるものが多いといわれています。

犬のヘルニア予防には、加齢とともに激しい運動は控え、室内もできるだけフローリングを避けてカーペットを敷き、関節への負担を少なくしてあげましょう。

 

背中を触ると痛がったり、肢をひきずるような仕草をみつけたら、すぐに獣医さんにも相談するようにしましょう。ミニチュア・ダックスフンドは中でも腰痛になりやすい犬種だといわれているため加齢とともに飼い主様の配慮も必要です。

犬の椎間板ヘルニア

犬の椎間板ヘルニア

 

犬の椎間板ヘルニアの原因

 

激しい運動や骨の老化による椎間板の損傷が原因

 

 

椎間板ヘルニアは、跳んだり体をねじったりなどの激しい運動や老化で骨がもろくなることで、頭部や胴体の重みを支える脊椎の、特にクッションの役割をする椎間板への負担が大きくなり損傷することが原因で起こります。椎間板が損傷すると、椎間板内部の髄核が飛び出して脊髄を圧迫するようになり、これが麻痺や痛みの原因となります。

 

愛犬が椎間板ヘルニアにならないように普段の日々の食事に配慮

犬の足腰や関節のことを研究し続けて生まれた、人間以上にこだわり抜かれた究極の犬専用プレミアムサプリメント。愛犬が椎間板ヘルニアになる前から事前の予防をお考えの方は是非ワンランク上の最高級犬専用サプリメントを。

▼飼っているペット

 



(c)犬の椎間板ヘルニア

犬の椎間板ヘルニア