×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

犬の椎間板ヘルニアは激しい運動や老化によるものが多いといわれています。

犬のヘルニア予防には、加齢とともに激しい運動は控え、室内もできるだけフローリングを避けてカーペットを敷き、関節への負担を少なくしてあげましょう。

 

背中を触ると痛がったり、肢をひきずるような仕草をみつけたら、すぐに獣医さんにも相談するようにしましょう。ミニチュア・ダックスフンドは中でも腰痛になりやすい犬種だといわれているため加齢とともに飼い主様の配慮も必要です。

犬の椎間板ヘルニア

犬の椎間板ヘルニア

 

犬の椎間板ヘルニアの治療方法

 

症状が軽いうちは内科的治療。重症であれば外科手術を

 

 

椎間板ヘルニアの症状がまだ軽いうちであれば、ステロイド剤などの消炎剤などで患部の痛みを抑える内科的治療をおこない、ケージのなかでしばらく安静にさせて運動を控えるようにします。神経麻痺や痛みがひどく、足が動かないなどの重度の場合は、外科手術で脊髄を圧迫している椎間板物質を取り除きます。手術後はリハビリをおこなって、神経の機能回復を図ります。リハビリにはさまざまな療法があり、犬の症状によっても異なるため、獣医師と相談しながらおこなうようにしましょう。

 

愛犬が椎間板ヘルニアにならないように普段の日々の食事に配慮

犬の足腰や関節のことを研究し続けて生まれた、人間以上にこだわり抜かれた究極の犬専用プレミアムサプリメント。愛犬が椎間板ヘルニアになる前から事前の予防をお考えの方は是非ワンランク上の最高級犬専用サプリメントを。

▼飼っているペット

 



(c)犬の椎間板ヘルニア

犬の椎間板ヘルニア